Top

甘グリの家

amaguri622.exblog.jp

オトナって・・・。

2011.1.10(Mon)




ブログっつーのは、そもそも、その人個人の「プライベート日記」だ。


まず、読者側のマナー。

著作権はその人間(ブログの筆者)にあるのは当然のこと、

ブログを見るというのは、その人の「部屋」にお邪魔させてもらってるのと一緒だと私は思ってる。


筆者の価値観に「ものすごく賛同できない」、「文句の一言でも言いたい」のなら、

その人の「部屋」にもう2度と入らなきゃいい、見なきゃいい、それだけなのでは??

それでもどーしてもその筆者に「一言いわずにはおれない」、“静観できない”オトナのなんと多いこと!


芸能人ブログやら、人気ブログではよくこれを「ブログ炎上」などと言ってるが、

筆者そっちのけで、コメンテーター(読者)同士でコメント欄でヤイノヤイノ言い争っているのをよく目にする。

文句言いたいなら、直接会って話すなり、小さいコメント欄でなくて長々と連絡先メールにメールを送ればいいじゃん。


それって、最低限の「読者側のマナー」なんじゃないの?と思う。

何故なら、そこに集う人間は何もアナタだけじゃない、圧倒的多数の第3者が読んでいるから。

自分が残したコメントによってそれを読んだまた別の第3者が「??」と連鎖的に不快な気分になっていくかも、

ということまで気が回ってるんだろうか?と思うわ。


「自分に一言いわせろ!!オマエは間違ってる!!」その一心しかないんだろうねー、

アナタはそれで気が済むだろうけどね、それを読んだ周りの人間の気持ちは?知ったこっちゃないってか?

・・・いい大人ならそこまで考えてコメントを残そうよって思うわ。


当事者同士で解決すべきこと、イッチョカミはしないで「静観」する、これも大事なんじゃないの?
(そのイッチョカミな人間は結局、「余計なおせっかい!」なんだよ。)




あと、書き手側が注意すべきこと。

世界中の人間が見ているブログ。文章には細心の注意を払いたい。

核心をつくのではなく、わざとオブラートに包む表現も時には必要かと。


文章というのは難しい。読み手が100いたら100通りに解されると思っておかなくてはならない。

人は、相手が発する言葉と同時にその人の表情をも汲んで、相手が言いたいことや価値観を判断する。

でもブログでは相手の顔を見て喋れない、文章のみだ。

なので「実はこういうつもりで言ったのに・・・」などという行き違いが多々起こるから、難しい・・・。



例えば自分の価値観・文章を誹謗中傷する相手がいたとする。

そんなの「静観」に徹しておけばいいだけの話だ。

そういう人間が寄り付かなくなるまで「放っておけばいい」だけ。

そういう人間は「自分が投げたボールに周りが反応してくれること」だけが嬉しくて、それを期待しているだけだから。


それが例えば他のブロガーであっても同じ、相手のブログで「勝手に言わせておけばいい」だけだ。

それでも、どーしても怒髪天を突いて一発お見舞いしたいくらいなら・・・

自分のブログ上や相手のブログ上でヤイノヤイノと言うのではなく、やっぱり相手に直接メールするなり、会って喋るべきかと。

周りでは「圧倒的多数の第三者」読者が見ているから、巻きこむことになるから。

その1個人と自分だけの問題だったことが、結果的に、自分の周りの大切な読者までをも失っていくことになったら・・・

それってちょっと悲しいでしょう?




・・・と、「何を、小娘がエラソーにつらつら書いてっ!」と思っている方。
えぇ、そのとーり。

なので、「私自身への備忘録」なの、オホホ。
今書いてる私が「目には目を!」タイプの制御効かん人間だったからさー、昔(爆)。
イカンイカン・・。
自分自身に向けて書いてます、コレ(^u^)。アハハ。







あと、今日は成人の日。

既に成人しちゃってる大多数の醜い大人たちへ。

「今日日の若者は・・・」とかブツブツ文句言う前にさ、自分の胸に手をあててみましょー。

e0156649_20245811.jpg



以上っ!!





*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*






..... Ads by Excite .....
[PR]
by amagurihouse | 2011-01-10 20:18 | 備忘録