Top

甘グリの家

amaguri622.exblog.jp

<   2013年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

それぞれに良し悪し。

e0156649_22175664.jpg
アイ電話における写真撮影&アップの手軽さにすっかりハマッテる誰かさん(笑)なのだが、
しかし、だ。

やはり、しばらくすると「被写界深度」を自由に操れる一眼レフが恋しくなってくる。


e0156649_2218320.jpg
↑こんな、グリさんの白毛と床が同化して輪郭が消えてまうほどの写真が撮りたくなったりする。


・・・アイ電話と一眼レフ、「我が右腕と左腕」ということにしよう。




*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*


Twitter  


Instagram


★“甘グリの家”別荘、写真ブログ 
 

[PR]
by amagurihouse | 2013-11-25 22:26 | kokon的日々

グリさん、Xmas仕様。

e0156649_2202963.jpg

e0156649_220289.jpg

e0156649_2203098.jpg

e0156649_2203117.jpg


…と、完全なるオモチャなわけですな。
ひと暴れしてからでないと渡してくれない。




Twitter  


Instagram
[PR]
by amagurihouse | 2013-11-24 21:51 | グリ的日々

テステス…

e0156649_97837.jpg
今日のごきげんとても良い
今日の体調普通
iPhoneからの投稿でなにやら「記事スタイル」なる新機能?がついとる。なんだこれ(笑)。

[PR]
by amagurihouse | 2013-11-24 09:02

休日でも、

e0156649_911770.jpg

ちゃんと時間通りに、ちゃんと私のノルマをせがまれるのだ。
…「腐りかけの白ナス」に(。-_-。)

※ノルマ…食事&遊び&ブラッシング。






Twitter  


Instagram
[PR]
by amagurihouse | 2013-11-24 08:54 | グリ的日々

光に溶け込む。


e0156649_21124541.jpg
少し懐かしい初秋の頃・・・






*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*


Twitter  



Instagram



★“甘グリの家”別荘、写真ブログ 
 

[PR]
by amagurihouse | 2013-11-23 21:15 | 壱枚写真館

時代についていってない女の戯言。

11/15。
ついに脱サラならぬ、「脱ガラケー」した私。

「ここまで来たら“ガラケーラストパーソン”になってやりましょう!」と周りの同族の皆さんと共に
豪語していたのはいつの日か・・・。

で。
やってきたのは今をときめく?「アイ電話」のゴールド嬢である。
e0156649_20525399.jpg

麗しいお嬢だな・・・。

ウチの7D嬢やGR子、PC夫人達が妬きそうな見目である。

初期の設定や操作、そして用語にこそ「???」となり、画面タップ&スクロールに馴れず、
お別れしたケータイちゃんを少し懐かしんだ。
あの「親指ピコピコ」・・・ボタンを押した時の確かな感触、そして両手がふさがっていても耳と肩にすっぽり挟まれて電話が出来る、あの「く」の字ボディー・・・。

しかしまぁアレだ、良かったことはというと、
なんせ、ブログが見やすい。
あたりまえか(・ω・)

あのケータイでの閲覧がウソのよう。
携帯版に変換されたページがいかに見づらく面倒なモノだったかがよーやく!よーやく、わかった。

e0156649_21192532.jpg
ケースを買っていないのでとりあえずはデジカメ用ケースに入っていただく。


現在、「片手親指ピコピコ」を出来るよう目下練習中の私である。

e0156649_20544894.jpg
↑ 「まったくオモシロくないわっ!」という猫族達の図。





*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*



↓ グリさん、コチラにもひっそりと登場 ↓

Twitter 



Instagram




 
[PR]
by amagurihouse | 2013-11-15 21:09 | kokon的日々

香箱とひよこまんじゅうと七面鳥。

それほど猫というものに興味が無い、我が社の後輩男子N氏。
先日とある体験をしたN氏は、猫の「香箱座り」というものを初めて知ることとなった。

e0156649_2235725.jpg
↑去年の冬写真。

前足がクネッと折りたたまれて、胸に格納されてるそのスポットに、
猫バカ人間達が「ズボーッ!」と突っ込みたくなる衝動に駆られるというのは周知のところであるが。
・・N氏もそれを初めてじっくりと見て、もれなく体験したのだった。

で、ついでなので私は鼻息荒く彼に教えておいた。
e0156649_2242064.jpg
「あのな、もっと完っ全に格納されたら、“ひよこまんじゅう寝”って言うねん!」

e0156649_22301220.jpg
「んでな、上から見てオシリのブリンってしてる辺り、“七面鳥の丸焼き”って言うねんでっ!」



・・・何も知らない人間相手に、勝手ながらkokon造語を教えておいた(・ω・)ノ
[PR]
by amagurihouse | 2013-11-12 22:24 | グリ的日々